メニュー

閉じる

logo


何かしらの理由で携帯料金を滞納してしまった人もいるでしょう。しかし、早めに支払わなければ大変なことになります。支払い催促も来ますし、新規での携帯契約もできない、機種変更も難しくなります。
とはいえ、具体的にどのようなことになるのかを知らなければ、危機感も薄いでしょう。また、必ずしも契約できないというわけではなく、携帯契約ができる場合もあるのでその方法を知っておきましょう。

今回は、携帯料金を滞納したらどうなるのか、詳しくご説明します。また、滞納したままで携帯の契約もできたという人はそんな方法を使ったのか、なぜ審査に通ったのかを知ることができるでしょう。

携帯料金の滞納があると契約できない理由

携帯電話の料金を滞納しているのであれば、当然ですが同じ会社で新規契約はできません。「別のところならできるのでは?」と思うかもしれませんが、残念ながら携帯会社を変えても新規契約できないことがほとんどです。
そのため、基本的には「滞納をし続けている時点で携帯の契約は出来ない」ということになります。もちろん全部ではないもののかなり限られることは確かで、大手はほぼ無理です。
とはいえ、理由がわからないと納得できないという人もいるので、まずはなぜ契約ができないのかを知っておきましょう。

携帯ブラックリストに載ることがある

携帯料金の未払いがあると、携帯ブラックリストに載ることになります。ブラックリストという言葉は、聞いたことがあるけどよくわからないという人もいるかもしれません。
もしブラックリストに掲載されてしまうと、「支払い能力に疑いがある」、「契約しても料金を払ってもらえないかもしれない」ということになります。
つまり、信用がない人と見られるわけです。携帯会社も慈善事業ではないため、支払いが必ずできるだろうという保証がなく、信用できない人であれば審査で落とすしかありません。
そのため、滞納している携帯料金をきちんと支払うことで契約が可能になることもあるでしょう。

不払者情報の交換をしている

不払い情報を交換、つまり信用の無い顧客状況をそれぞれの会社が把握しておくことによって、業界全体で損をしなくて済みます。とくに大手は必ず加入しているため、一つの携帯会社で滞納や未納があると、ほかの携帯会社にもすぐに知られてしまうことになります。

不払いということは、「この人は携帯料金の支払いをしていませんよ」という情報が回ってしまうということです。そうなると、どの携帯会社に行っても支払いに信用がおけないからと、契約することができなくなってしまいます。そのため、料金の滞納はしないように注意しましょう。もし滞納してしまったとしてもできるだけ早く支払うことが大切です。

信用情報機関のブラックリストに載ることがある

信用情報機関のブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードなどで分割払いができません。もちろん契約も通るはずもなく、審査自体無意味といえるでしょう。
できる限り掲載しないようにしてほしいと思うかもしれませんが、だからといって抗議するわけにもいきません。料金未払いといった、自分自身の信用に傷をつけるようなことをしないように注意するようにしてください。

携帯料金を滞納したらどうなる?

携帯電話料金を滞納すると、新しく契約することができないどころか、どのような状況になるのかよくわからないという人もいるでしょう。ここでは、携帯料金を滞納するとどうなるのかを詳しくご説明します。

利用停止や強制解約になる

携帯料金を滞納し続けると、会社によって多少違いがありますが1~2ヶ月で利用停止や強制解約になることがあります。スマホが使えなくなったら困る、という人はきちんと支払いをするようにしましょう。

残りの本体代を一括で請求される可能性がある

端末を分割払いで購入している場合に携帯電話の料金の滞納をしてしまうと、残りの本体代を一括で請求される可能性があります。分割払いで支払いがなければ、そのまま支払いが行われないという危険があり、建て替えている信販会社も請求するしかないからです。

遅延損害金・延滞利息で余分に払わなければならなくなる

携帯料金を滞納してしまうと、遅延損害金・延滞利息で余分に支払いが発生する場合があります。通常よりも何%かが上乗せされてしまうので、より出費が増えることになります。
高ければ年/14.5%程度の利息が付く場合もあるため、余計に支払うことが大変になってしまうでしょう。余分な支払いをしたくないのであれば、きちんと期日通りに支払いをするようにしましょう。

口座や給料を差し押さえられる可能性がある

支払いを滞納し続けると、催促だけでは収まらない場合があります。催促しても支払いをしないとなってしまうと、携帯会社から弁護士に回収依頼が出されることがあります。
それでも料金の支払いを拒んでしまえば、最悪裁判に発展することになるかもしれません。裁判から強制執行の命令が出されても命令を拒否して支払わないでいると、銀行口座や給料が差し押さえられてしまうこともあるため、注意が必要です。
そこまで発展することはほとんどありませんが、料金はきちんと支払うようにしてください。

携帯料金滞納があっても契約出来る理由

携帯料金を滞納していても、携帯電話の契約ができる場合がいくつかあります。携帯電話がなければどことも連絡が取れず、困ってしまうという人も多いでしょう。
そのため、携帯料金の滞納があったとしても、契約できるいくつかの方法があります。いざというときのために、どういった方法なら契約が可能なのかを、知っておく必要があるでしょう。

不払者情報の交換をしていない会社を選ぶ

契約する会社を選ぶときに、不払者情報の交換をしていない会社を選ぶことで、契約が可能な場合があります。
大手のほとんどは横のつながりがあるため、残念ながら1社で滞納をだしてしまうと、ほかの会社にもあっという間に知られてしまいます。
だからこそ、滞納をしないのが望ましいですが、もしも滞納をしてしまったらできるだけ早く支払うようにしてください。支払うのが無理というのであれば、情報を共有していない会社を選ぶことで契約できる可能性があります。

回線契約のみを行う

携帯電話の契約といってもいろいろありますが、その中でも回線契約のみであれば、料金の滞納をしていても可能な場合があります。もちろん滞納をしている携帯会社では、不可能です。基本的に情報を共有している別の会社でも、難しいです。
もちろん携帯電話を購入するときの審査とは違って、信用情報を調べられなければ可能な場合もあります。しかし、大手は厳しいものです。そういった場合は、格安SIMなどの審査が甘い会社を選ぶことで、回線契約だけなら契約できることがあります。

一括で支払う

携帯端末を購入する際に一括で支払うことができれば、そもそも信用調査の必要がなく購入することができます。とはいえ、端末料金はかなり高額になり、安いものでも数万円、高いと数十万円必要になるため、支払えるかどうかの問題もあります。
高価な端末を一括で支払えるようなら、まずは携帯料金の滞納分も払ってしまってブラックリストから名前を消すようにする方がおすすめです。
しかし、先にどうしても契約をしたいというときにはできるだけ安い携帯を選ぶか中古の携帯を購入するのも選択肢のひとつです。本体を安く一括で購入できれば、格安SIM会社で回線だけ契約できる可能性も高いです。

10万円以下の携帯を選ぶ

本体料金が10万円を超えないものに関しては、審査が必ずしも必要ないためおすすめです。
とはいえ、審査がまったく不要というわけではなく生活に必要とされる物品であれば10万円以下で審査なしに分割払いをすることができるとされていますが実際は会社によっては簡単な審査が行われることもあります。
もちろん、必ず契約できるとは限りませんが試してみる価値はあります。

レンタル携帯を使用するのもおすすめ

レンタル携帯であれば、通常の携帯を契約するのと同じサービスを受けられるにもかかわらず、審査がないためだれでも使うことができるからです。
種類もそれなりにあるため、選ぶことができるでしょう。レンタル携帯は、プリペイド携帯とは違ってサービスを提供している会社も、いくつかあります。現在はまだ審査もなく厳しく制限されていないので、使い勝手もいいです。ご自身名義ではないですが選択肢の一つとしてけんとうしみても良いでしょう。

強制解約まではなっていないから

利用停止の時点で支払いをし、強制解約はされておらず裁判にもなっていないため、契約ができたという場合もあります。そもそも強制解約まで行くことはあまりなく、それまでに和解して分割でも支払うようにするのが普通です。
無い袖は振れないので、どうしても無理なら、そのことを正直に伝えて、月々無理のない返済額に落とし込むこともできるでしょう。
かといって解約されてしまうと、その履歴がいつまでも残っているため、結局のところ不利になってしまいます。払う余力があるなら早めに支払っておくほうが、後々有利になります。

不払者情報の交換をしていない会社は?

情報を他社と交換しない会社であれば、滞納していることを知られていない可能性が高く、契約に支障がない可能性があります。
「どこの会社なら情報交換をしていないのかわからない」という人もいるでしょう。具体的には、基本的に大手の会社であればほぼ共有しています。一方で格安SIMの会社であれば、そういった情報網へは参加していない場合があるのでねらい目といえるでしょう。
ただし、契約に行く前には、必ず現在使っているプランや料金を確認しておくようにしましょう。
「滞納があるけど契約したい」という人は、審査があまり厳しくない格安SIMで契約することをおすすめします。ここでは、おすすめの格安SIMの会社を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

あなたのモバイル

あなたのモバイルは、携帯会社ではまずない、審査のない会社です。審査をするということは、「支払い能力があるのか」「信用できる人なのか」ということを調べるということです。
しかし、あなたのモバイルではそういった調査をしないため、身分証と銀行口座の番号があれば、かんたんに契約することができます。契約する前には金額やプランを、詳しくみておく必要があるでしょう。

あなたのモバイルのプランには、格安で利用できるものや大容量のものもあるため、月々の支払いを無理のない程度にする必要があります。
とくに、滞納をして強制解約までいってしまった人ならなおさらです。中には使いづらい携帯や怪しい会社などもありますが、あなたのモバイルはそのようなことはありません。
回線もきちんとつながり、安心して使うことができます。まずは、どのようなプランがあるのかを詳しく把握して、よりお得な契約を結ぶようにしましょう。

楽天モバイル

楽天モバイルは、審査がゆるめといわれている格安SIMのうちの一つです。とくに楽天モバイルと契約するための「契約審査」は、そこまで厳しくありません。
楽天の口座があって、ある程度のお金を入れておけば、それで問題ないと判断してくれます。ただし、「分割審査」の場合は、注意が必要です。
契約するだけなら問題がない場合でも、分割払いの契約をする際には、きちんと信用調査が行われます。とくにクレジットカードのローンを使いたい場合、信用情報機関のブラックリストに載っていれば、契約ができなくなります。
ただし、口座振替であればそこまで審査が厳しくないので、気になるようなら支払いをすべて口座振替でする方法もあります。楽天モバイルは回線が安定しているうえに、携帯料金が安いのが魅力です。
プランも分かりやすく1つしかないのでよく分からないといった方でも安心です。その代わり、月々の使用量によって自動で料金が上がるため注意が必要です。

イオンモバイル

イオンモバイルは、大手のイオン株式会社が運営している格安SIMです。格安SIMの中には怪しい会社もある中で、安心感は高いでしょう。
全国展開しているスーパーのイオンで申し込めるのも特徴であり、豊富なプランがあるため自分に合ったプランを選ぶことができます。
月額料金も安く設定してあるので、滞納しないような低料金のプランを選ぶことをおすすめします。取扱いしている機種も豊富であり、価格が1万円~9万円程度と10万円以下のものが多いので、他社で携帯料金を滞納しているとしても契約しやすい価格になっています。
審査もそこまで厳しくなく、そもそも本体代金が10万円以下なのであれば落ちることはあまりないでしょう。
ただし、イオングループと支払いに関するトラブルがあれば別です。最低利用期間がないため、いつでも解約できるのも強みで、「ちょっと試してみたい」という人も契約することができます。

携帯に滞納があってもあなたのモバイルで契約できた!

料金を支払っていない(滞納している)というのに携帯の契約をしたいと考えているなら、あなたのモバイルがおすすめです。あなたのモバイルなら、審査なしで契約ができるので、他社では断られてしまった、という人でも自分名義の携帯を持つことができます。

もちろん、プリペイド携帯なら持つことは誰でも可能ですが、割高になりがちですし、やはり自分名義で回線契約をする方がよいでしょう。
とはいえ、ブラックリストに載っていると、大手だけでなくほかの携帯会社でも断られる可能性があります。滞納している場合も、同様です。そんなときこそ、審査が必要ないあなたのモバイルを検討してみてください。

あなたのモバイルなら審査なし、クレカなし、契約可能

最安プランのデータ容量業界水準の3倍!かけ放題付き3GBプラン3,300円(税込)

あなたのモバイルは、身分証明書と銀行口座があれば審査なしでどなたでもご契約できる格安SIMサービスです。

  • 利用期間の縛りがなく、解約金0円
  • 初月の月額料金0円
  • 口座振替登録料・手数料0円

かけ放題付き120GBプランも3ヶ月間5,500円/月「あなたのモバイル」ご契約キャンペーン実施中ですので、是非ご利用ください。
さらに、24GB・120GBのプランの事務手数料が無料になるキャンペーンも開催中です!
本来初期費用決済時に必要な事務手数料3,733円が0円にておトクにご契約頂けますのでこの機会にぜひご利用ください。

審査なしSIMについて

・審査なしってどういうこと?
・犯罪に使われたり、架空請求されたりしない?
とのご質問も頂きますが、免許証などでの本人確認や口座の登録は必要ですし、
前払い制度で不正利用のリスクなどは回避しています。
各社、クレジットカードが無くても契約でき、大手キャリアのMVNOですので通信品質が悪いわけではありませんが、
あなたのモバイルの特徴として

  • 各社最安プランは1GBで3,000~5,000円台のところ、3,300円で3GB使える。他社の3倍量
  • 24GB/120GBプランが他社より圧倒的に安い。(1台持ちでなければ、どちらかのプランがおすすめ)
  • 120GBの大容量が選べて、速度制限の心配が少ない(しかも最初の3ヶ月間は5,500円)
  • デザリングも無料で使える
  • 契約期間の縛りがなく、違約金もない

などがあります。
特に、解約事務手数料が明示されていなかったり、
一度契約すると、
・最低利用期間内に解約が出来ない!
・解約手数料が多くかかる!
といったキャリアもあるのでご注意ください。
↓あなたのモバイルの料金やお申し込みの詳細はこちら↓
◆あなたのモバイル公式:https://anatano-mobile.com/