logo

近年、様々なスマートフォンが販売されていますが、安くスマホを手に入れる方法として中古でスマホを購入することで、費用を抑えることができます。今回はスマホを中古で購入する際の注意点や、どこで買うのがいいのか、メリット/デメリットをまじえて紹介します。

    ◆目次
    ・中古スマホを購入するときの注意点
     ・SIMロックやSIMフリー端末かを確認する
     ・赤ロム端末でないことを確認する
     ・赤ロム端末かどうか確認をする方法
    ・中古スマホの選び方
    ・中古スマホが買える場所
     ・実店舗で購入する
     ・ネットショップで購入する
     ・フリマサイト。オークションサイトで購入する
    ・あなたのモバイルではSIMと端末セットで販売!

中古スマホを購入するときの注意点

中古スマホを購入するときにはいくつか注意点あります。
ここでは注意点について解説していきます。

・SIMロックやSIMフリー端末かを確認する

中古スマホを購入するときは、SIMロック、SIMフリーなどの項目の確認をしましょう。
2021年8月頃以前のスマホにはSIMロックがかかっている可能性があります。SIMロックとは購入した携帯会社のSIMカードしか利用できない仕組みのことです。主に大手キャリアのdocomo、au、SoftBankなどで購入した端末は、購入した携帯会社のSIMカードしか利用できない仕組みが2021年8月以前に販売されていたスマホには組み込まれています。
なので、対応をしていない格安SIMを契約しSIMカードを差して、使おうと思うとSIMロックがかかり、SIMロックを解除しないと利用ができません。

SIMロックを解除するには、携帯会社によって異なりますが、スマホを販売していた各携帯会社WEBサイトで手続きをするか、店舗に持ち込むことでSIMロック解除が行なえます。

・赤ロム端末でないことを確認する

赤ロムとは、携帯会社により利用制限がかけられた端末のことで、前所有者が残債を対応していたり、盗難品であったり問題があるスマホ端末になります。赤ロムの端末を買ってしまった場合は、利用することができないので、注意して端末を購入してください。
大手の中古販売ショップには販売する際に赤ロムのチェックを行っている為、基本的に問題ありません。ショップによっては赤ロム保証があり、万が一赤ロムだった場合は、全額返金を行ってくれます。
中古ショップで購入する際には、念のため赤ロム保証があるか、確認をしてから購入をすることをおすすめいたします。
オークションやフリマなどの個人間での取引には特に注意が必要です。事前に赤ロムかどうかを確認してから購入をすることで、リスクを避けることができます。

・赤ロム端末かどうか確認をする方法

スマホ端末にはIMEIという15桁の識別番号が割り振られています。各キャリアで販売していた端末であれば、各キャリアの利用制限確認ページで現在の端末の状況が確認できます。

◯ → 問題ありません。
△ → 分割支払い中など、現状問題ありませんが、赤ロムになる可能性があります。
✕ → 赤ロム。利用ができない状態。

中古スマホの選び方

中古のスマホを購入するにしても様々な種類から選ぶ必要がありますここでは選べる中古選びのポイントをいくつか紹介します。

1.ブランドで選ぶ
一部の人気ブランドは、信頼性や品質の面で定評があります。AppleのiPhoneやSamsungのGalaxyシリーズ、GoogleのPixelなどは、中古市場でも人気があります。

2. 機能と性能のバランスで選ぶ
自分のニーズに合った機能と性能を考慮して端末を選んでみましょう。カメラ性能、バッテリー容量、処理速度の速さなど、重要視するポイントを目安にすると端末が選びやすくなります。

3. バッテリー性能の確認
中古スマートフォンを選ぶ際には、バッテリーの劣化状態についても考慮しましょう。スマホに使われているバッテリーには寿命があります。バッテリーの劣化が激しいものを買ってしまった場合は、すぐにバッテリー交換などの費用がかかってしまい、結果的に余分に費用がかかってしまいます。
一部スマホ端末ではバッテリーの消耗状態を確認できるものであれば、購入前に確認することをおすすめします。

4.外観と状態の確認
中古のスマートフォンを選ぶ際には、外観の傷や損傷、動作の確認を行いましょう。可能であれば、実際に手に取って確認することが望ましいです。

中古スマホが買える場所

中古スマホを購入するには、いくつかの方法があり、各方法のメリット/デメリットがあるので紹介します。

・実店舗で購入する
すぐに手に入れたい、実物をしっかり見て検討したい方は、近くにある中古スマホ販売を行っているお店で購入をするのがおすすめです。
 ・中古スマホが購入できる実店舗

    ・ブックオフ
    ・ハードオフ
    ・ゲオモバイル
    ・エコたんショップ
    ・ソフマップ
    ・イオシス
    ・じゃんぱら
    ・ダイワンテレコム
    ・ドスパラ

上記以外にも中古スマホが購入できる実店舗はいくつかあります。実店舗での購入は以下メリットがあります。
・端末を実際に確認できる
・店舗まで出向けば、すぐに手に入る
・店員にその場で、気になる点を質問できる。
実際に端末の状態を自分の目で確認できること、気になったことをその場ですぐ確認ができるところが実店舗の大きなメリットとなります。

逆にデメリットは以下になります。
・ネットと比べると端末料金が高いことが多い
・店舗によっては品揃えが少ない
・店舗まで足を運ばないといけない。

どうしても人件費等の関係で、ネット販売と比べると料金が高いことや、そもそも大きな店舗でない場合は品数が少なく選択肢が減ってしまいます。
ただ、やはり実際に端末の確認ができる点は非常に大きいので、自分の目で状態の確認を行いたい方は実店舗での購入をおすすめします。

・ネットショップで購入する

安く手に入れたい、色々な機種から選びたい方はネットで購入するのがおすすめです。
広い選択肢の中から、自分に適した端末を探しやすいのが特徴です。

    ・中古スマホが購入できるネットショップ
    ・ゲオモバイル
    ・イオシス
    ・じゃんぱら
    ・にこスマ
    ・ソフマップ・ドットコム
    ・ノジマオンライン
    ・ムスビー
    ・にこスマ

その他にもネットで中古スマホを購入できるサイトはあります。ネットで購入する際のメリットは以下になります。
・実店舗より安く買える
・多くの種類から選べる
・時間や場所を問わず、いつでも購入できる。

ネットショップは実店舗に比べ、人件費などのコストがかからない為、安くスマホが購入できる点や、多くの在庫からスマホ端末を選べることが大きなメリットとなります。

デメリットについては以下点になります。
・すぐに入手ができない
・実物を確認できない。

ネットで購入する大きなデメリットとしては、実物を自分の目で確認ができないことです。
ある程度の状態は商品ページ等で確認はできます。
また、実店舗の相場より安く買うことができること、豊富な種類から選べることが大きなメリットである為、色んな種類から安く購入した方はネットで購入することをおすすめします。

・フリマサイトなどで購入

フリマサイトやオークションサイトなどでスマホ端末を購入する方法もあります。
結論から言うとフリマサイトやオークションなどでスマホ端末を購入することはあまりおすすめできません。
理由は個人間のやり取りになる為、赤ロム端末や、写真と実物の状態が違うなどのトラブルリスクが大きい部分になります。また、個人で金額の設定ができる為、ほんとうに適正な価格で販売をしているかどうかも調べる必要があります。
ただし、フリマサイトやオークションはネットショップで購入するより安く手に入ることもあります。
利用する場合は、トラブルについて理解をし、出品者と入念に確認をとりながら購入をすることをおすすめいたします。

あなたのモバイルではSIMと端末セットで販売!


あなたのモバイルでは、一部機種をSIM契約とセットで販売しております。
取り扱っている機種は以下4機種となります。

    ・iPhone7
    ・iPhone8
    ・arrows We
    ・AQUOS wish2

全て中古端末となっておりますが、SIMカードを挿入し、動作確認後にお送りするので、届いたらすぐに使える状態で販売をしております。
詳しくは中古端末販売紹介ページよりご確認ください。