logo

なぜ?格安SIMの審査に落ちる原因

本人確認書類や申込情報の不備、過去の携帯電話の利用状況によっては、格安SIMの審査に落ちてしまうケースもあります。格安SIMの審査に落ちるといわれている原因を確認し、審査通過を目指してください。

本人確認書類や申込情報に不備がある

本人確認書類や申込情報に不備があると、審査に落ちる可能性があります。申し込む際には記載した内容に間違いがないか、しっかり確認しましょう。
例えば申し込みの際に記入した住所や氏名などが、本人確認書類と違っていると、審査に落ちてしまう可能性があります。また本人確認書類をアップロードして提出した場合、顔写真や文字がぼやけていて正確に読み取れないと不備の扱いになるのも一般的です。
有効期限がある本人確認書類は、有効期限内のものを用意しましょう。有効期限がない本人確認書類は発行日から3か月以内のものなど、各格安SIM会社が提示している条件に合っているかしっかり確認しましょう。
両面の写真が必要だったり、補助書類が必要だったりする本人確認書類もあるため、各格安SIMの提示している書類の条件を丁寧に確認しましょう。

過去に未払いや滞納をしたことがある場合も注意

これまでにスマホの端末料金や利用料金などの未払いや滞納があったり、クレジットカードやローンの支払いの滞納があったりすると、審査に落ちる可能性が高くなります。
端末を分割払いで購入する際に行われる分割審査は、携帯電話の利用状況だけでなく、クレジットカードなどの信用情報も確認されるのが一般的です。過去の支払い状況に問題があると、格安SIMの審査に通過できない可能性があると理解しておきましょう。

短期解約も審査に落ちる原因になりかねない

一度契約した格安SIMを半年以内に短期解約したことがある場合も、別の会社の審査で落ちる可能性があります。一度の短期解約でも審査に落ちる可能性があり、何度も解約を繰り返しているときは審査に通らない可能性が高まることを理解しておきましょう。
直近で解約したことがある人は、数か月から半年ほど期間を開けてから申し込むと、審査に通過できることがあります。何度も短期解約を繰り返した覚えがある人は、少し期間を開けてから再度の申し込みを検討しましょう。

格安SIMの審査に通過しやすくするための方法

携帯料金の滞納や未払いがあったり、短期解約を繰り返したりした人でも、格安SIMの審査に通過する可能性を高める方法はあります。審査が不安な人は、支払い方法や申込内容を工夫して格安SIMの手続きをしましょう。

口座振替またはデビットカード払いで契約する

利用料金や端末料金の支払い方法を口座振替やデビットカードにすることで、審査にとおりやすくなるのが一般的です。
口座から料金がすぐに引き落とされる口座振替やデビットカードの支払いなら、携帯電話会社にクレジットカードの履歴を確認されることがありません。
クレジットカードの滞納や未納があって審査に通過できるか不安な人は、口座振替やデビットカードでの支払いを検討しましょう。
ただし、格安SIMの場合支払い方法がクレカのみの会社もあるため、事前に調べておく必要があります。

分割払いはしない

スマホなどの端末や付属品を購入する際は、分割払いではなく一括払いを選択することで審査に通過しやすくなるといわれています。
端末や付属品を分割払いで購入すると、契約審査だけでなく分割審査も受けなければなりません。分割審査は携帯電話の利用状況だけでなく、クレジットカードの利用状況や信用情報も確認される場合がある審査です。そのため過去の支払い状況などによっては落ちてしまう可能性があります。
機種変更も検討している人は、分割審査のリスクを減らすために一括払いを選択することも検討しましょう。

SIMだけの申込みにする

スマホなどの端末を購入せずにSIMのみの申し込みにすることでも、審査にとおりやすくなるといわれています。
端末の分割払いに対する審査がないため、信用情報に問題があっても審査に落ちる可能性が低くなるでしょう。現在利用しているスマホが問題なく使えているなら、SIMのみの申し込みを検討してみることもおすすめです。
ただしSIMのみを申し込んだ場合、SIMロック解除などの手続きを自分で行わなければならないケースもあります。開通手続きに手間取ってしまう可能性もあるので、各格安SIMの公式サイトの手続き方法をよく確認しておきましょう。

格安SIMの審査に落ちた時の対処法

もし格安SIMの審査に落ちてしまっても、スマホを利用できる方法はあります。以下では家族名義での申し込みや、プリペイド式の格安SIMを利用する方法を解説します。

家族名義の契約で申し込む

自分の名義で格安SIMの審査に落ちてしまった人は、契約者を家族名義にすることで審査に通過できる可能性があります。支払いの名義を自分の銀行口座やクレジットカードにすれば、名義自体は自分のものでなくても、自分で利用料金や端末料金を支払うことが可能です。
Y!mobileや楽天モバイルなどの格安SIMでは、契約者と支払者の名義が違っても契約が可能です。Y!mobileのように手続きの際に同意書が必要になるケースもあるので、事前に必要事項を確認しましょう。

レンタルスマホより格安SIMがおすすめ

結論としては、携帯ブラックなどが理由で携帯の新規契約ができず、仕方なくレンタルスマホを選ぶというユーザーについては、レンタルスマホよりも、審査に通りやすい格安SIMを利用するのがおすすめです。
レンタルスマホよりも安価な月額料金で借りることもできて、スマートフォンの名義も自分名義になります。(レンタル携帯は法人名義になります)
一方で、ビジネス用、セミナーなどのイベント用、修学旅行など短期で利用したい場合のみ、レンタルスマホを利用すると良いでしょう。
レンタルスマホは便利な反面、料金は非常に割高なので、利用用途にマッチしている必要があります。
もし、金融ブラックやスマホブラックで、レンタルスマホを検討しているのであれば、審査のゆるい格安SIMと比較してから決めてみると良いでしょう。

格安SIMのなかには、契約者と支払者の名義が違う場合は契約できない会社もあるため、申し込む前に利用条件をチェックすることが大切です。

あなたのモバイルなら審査なし、クレカなし、契約可能

最安プランのデータ容量業界水準の3倍!かけ放題付き3GBプラン3,300円(税込)

あなたのモバイルは、身分証明書と銀行口座があれば審査なしでどなたでもご契約できる格安SIMサービスです。

  • 利用期間の縛りがなく、解約金0円
  • 初月の月額料金0円
  • 口座振替登録料・手数料0円

かけ放題付き120GBプランも3ヶ月間5,500円/月「あなたのモバイル」ご契約キャンペーン実施中ですので、是非ご利用ください。
さらに、24GB・120GBのプランの事務手数料が無料になるキャンペーンも開催中です!
本来初期費用決済時に必要な事務手数料3,733円が0円にておトクにご契約頂けますのでこの機会にぜひご利用ください。

↓あなたのモバイルの料金やお申し込みの詳細はこちら↓
◆あなたのモバイル公式:https://anatano-mobile.com/