logo

自己破産をすると分割払い中の携帯は強制解約!?解約された場合の対処法

「自己破産をすると分割払い中の携帯はどうなる?」
「自己破産をすると分割支払い中の携帯電話が強制解約されるってホント??」
自己破産を検討している方の中には、端末料金を分割払いしている携帯がどうなるのか気になっている方も多いでしょう。
今回は、分割払い中の携帯への影響や解約された後の対処法、携帯を新規で契約するときのポイントについてご説明します。

1.自己破産をすると分割払い中の携帯電話はどうなる?

自己破産をすると、かなり高い確率で分割払い中の携帯電話の契約は解除されてしまいます。
携帯端末料金の分割払い債務は、携帯電話会社に対する債務であり、自己破産の対象だからです。
したがって、分割払い中の携帯端末料金を支払うことが許されなくなり、端末料金の支払い不能を理由に、携帯電話の契約が解除されてしまいます。
さらに、たとえ家族が使用している携帯電話でも、自己破産をする本人の名義で契約していて分割払い中の場合は、家族の携帯もまとめて解約されます
。携帯電話会社によっては、名義を変更すれば家族の契約を継続することができるケースもあるので、事前に家族の携帯電話の契約名義人と名義変更ができるか確認しておきましょう。
ちなみに、携帯端末料金を完済している場合は、携帯電話会社を相手に債務を負っていることにならないため、契約が解除されることはありません。
だからといって、自己破産の手続き準備中に残りの携帯端末料金を支払うと偏頗弁済(へんぱべんさい)になり、破産手続きに少なからず影響する可能性があります。
他の債権者とのトラブルの元になるので、自己破産の手続きの準備中に残りの携帯端末料金を返済しないほうがよいでしょう。

2.利用料が滞納・未納の場合も強制解約になる?

機種代金を分割支払い中に自己破産すると強制解約になる場合があるのと同様に、利用料を滞納・未納の場合も強制解約になる可能性が高いです。
携帯電話の利用料を滞納・未納している場合、契約している携帯会社に対して借金しているのと同じような状態です。
その状態で自己破産すると、未払いだった利用料の支払い義務も免除になる。
携帯会社からすると滞納・未納があったにも関わらず、自己破産した人に対して携帯電話を利用し続けてもらうわけにはいかないので強制解約となります。

2.利用料が滞納・未納の場合も強制解約になる?

機種代金を分割支払い中に自己破産すると強制解約になる場合があるのと同様に、利用料を滞納・未納の場合も強制解約になる可能性が高いです。
携帯電話の利用料を滞納・未納している場合、契約している携帯会社に対して借金しているのと同じような状態です。
その状態で自己破産すると、未払いだった利用料の支払い義務も免除になる。
携帯会社からすると滞納・未納があったにも関わらず、自己破産した人に対して携帯電話を利用し続けてもらうわけにはいかないので強制解約となります。

3.分割払い中の携帯電話が解約された後の対処法

分割払い中の携帯電話が、解約されてしまった場合の対処法についてご説明します。

・携帯電話本体を一括購入する

分割払い中の携帯電話が解約された場合は、別の携帯電話を一括で購入することにより、携帯電話を利用することが可能です。
新たに分割払いにより携帯電話を購入することは、結局のところ、自己破産手続が終了するまで支払うことができなくなってしまうのでするべきではないでしょう。

・家族名義で新規契約をする

どうしても分割購入で携帯電話を購入したい場合は、家族名義で分割購入の新規契約をする方法があります
。自己破産は申し立てをした人の財産や信用情報にしか影響がないので、家族名義で携帯の新規契約することは問題ありません。

・TCAに加盟していない格安SIMを利用する

格安SIM会社のなかには、携帯電話の未納・未払い情報を管理しているTCAに加盟していない業者も存在します。
そのような格安SIM会社なら新規契約が出来る可能性があります。しかし、格安SIMでは支払い方法がクレジットカードに限定されている場合もあります。
自己破産後はクレジットカードでの支払いが難しいので注意が必要です。

・レンタル携帯を利用する

1日~数ヶ月の間で気軽に借りられ、クレジットカード以外の口座振替や振込で支払えるのがメリットです。
しかし自分名義にならず、費用も高くなりがちなのがデメリットです。

4.自己破産後に携帯電話の契約をするときは支払方法に注意

自己破産後に携帯電話の契約をする際は、携帯料金の支払方法に注意しなければなりません。
一般的に、携帯料金の支払方法は現金による支払や口座振替、クレジットカードなので、クレジットカードが使用できない状態で携帯電話を契約する場合は、現金による支払や口座振替を選択する必要があります。
なお、信用情報機関に登録されている事故情報が削除されるとクレジットカードの申込みが行えるようになるため、クレジットカードが手元に届いたらクレジットカード払いに変更することができます。

まとめ

携帯端末料金の分割払いが終わらないうちに自己破産をすると、携帯電話の契約が解除されてしまいます。
ただし、携帯電話の契約が解除されたからといって慌てる必要はなく、審査基準が寛容なケースが多い格安SIM会社と新規契約すれば、問題なく携帯電話を使用することが可能です。
自己破産によって一定期間はクレジットカードが使用できなくなるため、支払い方法に注意して携帯電話の契約をしましょう。

あなたのモバイルなら審査なし、クレカなし、契約可能

最安プランのデータ容量業界水準の3倍!かけ放題付き3GBプラン3,300円(税込)

あなたのモバイルは、身分証明書と銀行口座があれば審査なしでどなたでもご契約できる格安SIMサービスです。

  • 利用期間の縛りがなく、解約金0円
  • 初月の月額料金0円
  • 口座振替登録料・手数料0円

かけ放題付き120GBプランも3ヶ月間5,500円/月「あなたのモバイル」ご契約キャンペーン実施中ですので、
是非ご利用ください。

審査なしSIMについて

・審査なしってどういうこと?
・犯罪に使われたり、架空請求されたりしない?
とのご質問も頂きますが、免許証などでの本人確認や口座の登録は必要ですし、
前払い制度で不正利用のリスクなどは回避しています。
各社、クレジットカードが無くても契約でき、大手キャリアのMVNOですので通信品質が悪いわけではありませんが、
あなたのモバイルの特徴として

  • 各社最安プランは1GBで3,000~5,000円台のところ、3,300円で3GB使える。他社の3倍量
  • 24GB/120GBプランが他社より圧倒的に安い。(1台持ちなければ、どちらかのプランがおすすめ)
  • 120GBの大容量が選べて、速度制限の心配が少ない(しかも最初の3ヶ月間は5,500円)
  • 契約期間の縛りがなく、違約金もない

などがあります。
特に、解約事務手数料が明示されていなかったり、
一度契約すると、
・最低利用期間内に解約が出来ない!
・解約手数料が多くかかる!
といったキャリアもあるのでご注意ください。
↓あなたのモバイルの料金やお申し込みの詳細はこちら↓
◆あなたのモバイル公式:https://anatano-mobile.com/