logo


生活保護を受給し始めると様々な生活で制限がかかりますが、携帯電話については基本的に制限はかかっていません。
そのため、生活保護者でも携帯電話、スマホを持つことが可能なのでで安心して下さい!

生活保護について

生活保護とは、日本国内で生活が困窮している人々に対して支援を行う社会保障制度です。
生活保護を受けるためには、まず申請手続きが必要であり、住民票、印鑑証明、収入証明などの提出を行い生活困窮者と認められる必要があります。 生活保護の受給決定と支給額は、申請者の家族構成や収入、資産状況に応じて総合的に判断されます。また、支給されるお金は、基本的に生活費として自由に使用することができますが、定期的に収入や家計簿の報告を行う必要があります。 アルバイト等で収入があるとバレてしまい不正受給になる場合がありますので必ず収入は申告する必要があります。

生活保護の受給者は携帯電話か固定電話は必須か?

生活保護を受給するには、携帯電話の番号の登録が必要という情報もありますが、実際には携帯電話がなくても生活保護を受けることが可能です。
ただし、申請や手続きの際には、何かしら連絡が取れる方法を確保する必要があります。
電話番号の連絡先がない場合は、お金の受け取りは窓口受け取りになる可能性が高い為できる限り電話番号を用意したほうが楽に手続きは進むかと思います。

生活保護を受給していてもスマホ所有は可能か?

生活保護を受給していると生活に様々な制限があるため、車や持ち家などの資産を所有できないといったことがあります。スマホも贅沢品の1つと思われがちですが、スマホは生活保護受給者でも所有することが認められています。

生活保護でもスマホ所持は可能!日本国民の所有率が7割を超えるものは所有しても良い

生活保護の制度では日本国民の7割以上が所有しているものは生活必需品として生活保護者でも所有できるものとして認められています。 スマホは9割以上の日本国民が所有している立派な生活必需品となっているため購入しても没収されたりといったことはありませんのでご安心ください。

ケースワーカーとの連絡手段として電話はやっぱり必須

生活保護受給者には必ず担当のケースワーカーがつきます。ケースワーカーの指導に従って日々生活する必要があり、仕事の話や近況報告等をするのに市役所に訪れることなく電話でやり取りすることも可能になります。ケースワーカーにとっても電話できると足を運ぶ必要がなくなり楽になるので所有をおすすめされる事が多いです。

生活保護受給をするのにまず携帯が必要な賃貸契約

生活保護を受給するには住居が定まっている必要があります。その住居については基本的に賃貸物件になるため入居審査で必ず連絡先の手段として携帯電話番号が必須になります。 そもそも生活保護を受給するのに住居が必要で、賃貸契約をするのにはスマホを所有していないと住居の確保ができないというのが現状です。

就職活動、仕事探しに携帯は必須だから所有は認められている

生活保護の目的は受給者が最終的に社会復帰できるようにする一時的な援助となっています。そのためケースワーカーより就職活動の実績等を必ず聞かれます。
就職活動、仕事探しをする上で面接や面談をする際に電話にて日程等の連絡が来ることが一般的です。
ハローワークで応募しても電話で連絡が来ることも多く、電話番号がない状態で応募をするとそもそも面接まで行けないといったことがあります。

毎月のスマホ代の支払いはどうするのか?

毎月のスマホの支払いは生活保護でもらう生活費から支払う必要があります。 生活保護には住居の家賃を当てる住宅扶助や生活費に当てる生活扶助等がありますが、光熱費や通信費に当てる扶助はなく、月々貰っている生活扶助から支払う必要があります。

生活保護受給者がスマホを契約する際の注意点

生活保護を受給者が契約する際に気を付けなければいけない点は支払い金額が高くなりすぎて払えなくなってしまうことになります。
スマホ代金は日々高くなっており生活保護者からしたら簡単に購入できるものではありません。 また、データは通信量が決まっていても、SMSの送信や電話を沢山してしまい毎月の金額が高くなってしまい払えなくなってしまうと滞納になり、最悪裁判となってしまう場合があります。

生活保護者でもスマホの審査は通るのか?

スマホの本体代金が10万円を超えていることが多く、本体代を分割で割賦契約することが主流になっていますが生活困窮時代に借金や滞納があった場合、スマホの分割審査に落ちてしまう事が多々あります。 また借金や滞納だけではなく過去にキャリアで一度強制解約されている場合ではすべてのキャリアで契約ができないということもあります。
そういった場合は生活保護者専門の携帯契約会社「あなたのモバイル」にて契約を行えば契約をすることができます

生活保護の場合、スマホの本体代は分割審査に通らない場合がある!

生活保護だから審査に通らないということはありませんが、10万円以上のスマホの場合や過去の借金、滞納履歴がある場合はスマホの本体代金を分割して契約することが出来ない可能性があります。
特に10万円以上の場合は信用情報を必ず確認されてしまうため、審査が通常より厳しくなります。
そのため、携帯審査は受かっても分割審査が落ちてしまうといったことがあるため、一括で契約を行えば契約できることもありますが一度審査に落ちてる人が大手キャリアで契約することはかなり難しくなっています。

生活保護専門の携帯電話会社について

「あなたのモバイル」では生活保護者専門で携帯契約をすることが可能となっております。 銀行口座と、身分証明書のみあれば契約することができ安心してご利用することができます。

あなたのモバイルなら審査なし、クレカなし、契約可能

最安プランのデータ容量業界水準の3倍!かけ放題付き3GBプラン3,300円(税込)

あなたのモバイルは、身分証明書と銀行口座があれば審査なしでどなたでもご契約できる格安SIMサービスです。

  • 利用期間の縛りがなく、解約金0円
  • 初月の月額料金0円
  • 口座振替登録料・手数料0円

かけ放題付き120GBプランも3ヶ月間5,500円/月「あなたのモバイル」ご契約キャンペーン実施中ですので、
是非ご利用ください。

審査なしSIMについて

・審査なしってどういうこと?
・犯罪に使われたり、架空請求されたりしない?
とのご質問も頂きますが、免許証などでの本人確認や口座の登録は必要ですし、
前払い制度で不正利用のリスクなどは回避しています。
各社、クレジットカードが無くても契約でき、大手キャリアのMVNOですので通信品質が悪いわけではありませんが、
あなたのモバイルの特徴として

  • 各社最安プランは1GBで3,000~5,000円台のところ、3,300円で3GB使える。他社の3倍量
  • 24GB/120GBプランが他社より圧倒的に安い。(1台持ちなければ、どちらかのプランがおすすめ)
  • 120GBの大容量が選べて、速度制限の心配が少ない(しかも最初の3ヶ月間は5,500円)
  • 契約期間の縛りがなく、違約金もない

などがあります。
特に、解約事務手数料が明示されていなかったり、
一度契約すると、
・最低利用期間内に解約が出来ない!
・解約手数料が多くかかる!
といったキャリアもあるのでご注意ください。
↓あなたのモバイルの料金やお申し込みの詳細はこちら↓
◆あなたのモバイル公式:https://anatano-mobile.com/