logo


現代人にとって、携帯電話やスマホはなくてはならない必需品といえるでしょう。
しかし、携帯電話やスマホの端末を分割払いで購入したり、回線を契約したりする際には「審査」がおこなわれます。
したがって、携帯料金の不払いやクレジットカード・ローンの滞納などがある場合は、端末や回線の契約ができない可能性があります。

今回は、携帯電話の契約に関して不安がある方に向けて、携帯契約の審査に関わるブラックリストの種類、ブラックリストの事故情報を削除するためのポイント、ブラックリストに登録されていても携帯契約をする方法などをご説明します。

携帯契約の審査に関係がある3つのブラックリスト

携帯電話やスマートフォンの契約をする際には、一般的に審査がおこなわれます。
審査の種類には契約審査や分割審査などがあり、それぞれの審査で確認される情報(ブラックリストなど)は異なります。
ここでは、携帯電話を契約する際におこなわれる主な審査の種類と、携帯契約の審査に関係するブラックリストについて確認しましょう。

【携帯契約の際におこなわれる審査の種類】

    契約審査:新規契約・機種変更・MNPなど、回線契約をする際におこなわれる審査
    分割審査:携帯電話やスマートフォンを分割払いで購入する際におこなわれる審査

1.携帯ブラックリスト

多くの携帯電話会社は、以下のような協会に加盟しています。

    一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)
    一般社団法人 テレコムサービス協会(TELESA)

電気通信事業者協会やテレコムサービス協会は「不払者情報の管理」をしており、一般的に不払者として登録されることを「携帯ブラックリスト」といいます。

それぞれの携帯電話会社は、携帯料金の不払いの再発を防止するために、携帯回線の申し込みを受け付けた際には、協会が管理している不払者情報を確認します。

2,金融ブラックリスト

携帯電話会社は、以下のような信用情報機関にも加盟しています。

    株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    株式会社 日本信用情報機構(JICC)

これらの信用情報機関では、利用者の「信用情報(契約内容や支払い状況など)」を管理しており、過去に遅滞、保証履行、債務整理などを行っている場合は事故情報(金融ブラックリスト)として登録されてしまいます。
それぞれの携帯電話会社は、端末代金の分割払いを希望された場合に、信用情報機関が管理している信用情報(事故情報)を確認します。

3.社内ブラックリスト

各携帯電話会社は、独自にブラックリストを用意しているといわれています。
一般的に「社内ブラックリスト(自社ブラックリスト)」と呼ばれており、仮に社内ブラックリストに登録されると、その携帯電話会社との回線契約・分割契約などができなくなります。
強制解約、虚偽申告、不正利用などに該当する場合は社内ブラックになっている可能性が高いです。

ブラックリストを解消する方法

携帯契約に関わるブラックリストのうち、携帯ブラックリストと金融ブラックリストは一定の条件を満たせば削除されます。
ここでは、ブラックリストの事故情報を削除するためのポイントを確認しましょう。

携帯ブラックリストは滞納分を支払えば削除される

携帯ブラックリストには、「契約解除となり料金不払いがある利用者」が登録されています。
そのため、携帯料金の滞納分・未払い分を支払ってしまえば、携帯ブラックリストから不払者情報が削除されることになります。
また、携帯ブラックリストの登録期間は5年間であるため、契約解除後に5年経過すれば自動的に不払者情報は削除されるようになっています。

金融ブラックリストは完済後に一定期間経つと削除される

金融ブラックリストの延滞、保証履行、債務整理などの事故情報は、契約終了後5年ほど登録され続けることになっています。
また、延滞の事故情報が削除されるのは「借金そのものを完済してから5年後」となっているので注意が必要です。
なお、金融ブラックリストを任意で削除する方法はないので、削除されるまで待つしかありません。

ブラックリストに登録された方が携帯契約するための対処法

携帯ブラックリストや金融ブラックリストに登録されている場合でも、日常生活や仕事などで携帯電話やスマホなどが必要になることは多いでしょう。
そのような場合には、プリペイド携帯を利用する、10万円以下の端末を購入する、携帯電話を一括払いで購入する、審査なしの携帯会社で契約をするなどの対策をとることをおすすめします。

プリペイド携帯を利用する

プリペイド携帯とは、通話料金を前払いしておく一時利用向けタイプの携帯電話です。
通信料金が前払いであるため、金融ブラックリストに登録されている場合でも利用することが出来ます。

10万円以下の端末を選ぶ

本来、携帯電話会社が携帯電話の端末代金を立て替える場合、申し込み者に関する「個別支払可能見込額の調査」という手続きをする必要があります。
しかし、10万円以下の生活に必要な耐久消費財を購入する場合には「個別クレジットに関する例外措置」が適用され、個別支払可能見込額の調査を省略できると決められています。
このことから10万円以下の端末であれば簡易的な審査、または審査自体が省略あれることもあるので、ブラックリストに登録されている方でも携帯電話の端末を分割で契約できる可能性があります。

携帯電話を一括で購入をする

どうしても携帯電話会社の分割払いの審査に落ちてしまう場合でも、一括購入であれば携帯電話やスマホを手に入れることが可能です。
また、新品ではなく中古の端末を購入するという方法も考えられます。
なお端末だけでは通話やインターネットの利用ができないため、別途、携帯電話会社と携帯回線の契約が必要になります。

審査なしで契約できる携帯会社で契約する

大手キャリアで契約が出来ない場合でも「あなたのモバイル」では審査なし、クレカ不要で自分名義の携帯を契約することが出来ます。
中古端末の購入も可能で、届いたその日からご利用いただけます。
レンタルスマホやプリペイド携帯よりも月額の利用料を抑えることが出来るので長期間使用する場合には検討してみてください。

借金で困っている場合は債務整理がおすすめ

借金の返済の目途が立たない場合や、借金の延滞を繰り返しているような場合は、債務整理を検討するのもひとつの方法です。
債務整理とは、債権者と交渉したり、裁判所から許可を受けたりして、借金の減額や免除などをする手続きを指します。
債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などがあり、それぞれ以下のように特徴が異なります。

【債務整理の主な手段と特徴】

    任意整理:債権者と直接交渉する手続き。利息や遅延損害金のカットし、残額を3~5年程度で返済する
    個人再生:裁判所を介しておこなう手続き。借金額を大幅に減額してもらい、残額を3~5年程度で返済する
    自己破産:裁判所を介しておこなう手続き。一定の財産を処分する代わりに、借金の一切を免除してもらう

あなたのモバイルなら審査なし、クレカなし、契約可能

最安プランのデータ容量業界水準の3倍!かけ放題付き3GBプラン3,300円(税込)

あなたのモバイルは、身分証明書と銀行口座があれば審査なしでどなたでもご契約できる格安SIMサービスです。

  • 利用期間の縛りがなく、解約金0円
  • 初月の月額料金0円
  • 口座振替登録料・手数料0円

かけ放題付き120GBプランも3ヶ月間5,500円/月「あなたのモバイル」ご契約キャンペーン実施中ですので、
是非ご利用ください。

審査なしSIMについて

・審査なしってどういうこと?
・犯罪に使われたり、架空請求されたりしない?
とのご質問も頂きますが、免許証などでの本人確認や口座の登録は必要ですし、
前払い制度で不正利用のリスクなどは回避しています。
各社、クレジットカードが無くても契約でき、大手キャリアのMVNOですので通信品質が悪いわけではありませんが、
あなたのモバイルの特徴として

  • 各社最安プランは1GBで3,000~5,000円台のところ、3,300円で3GB使える。他社の3倍量
  • 24GB/120GBプランが他社より圧倒的に安い。(1台持ちなければ、どちらかのプランがおすすめ)
  • 120GBの大容量が選べて、速度制限の心配が少ない(しかも最初の3ヶ月間は5,500円)
  • 契約期間の縛りがなく、違約金もない

などがあります。
特に、解約事務手数料が明示されていなかったり、
一度契約すると、
・最低利用期間内に解約が出来ない!
・解約手数料が多くかかる!
といったキャリアもあるのでご注意ください。
↓あなたのモバイルの料金やお申し込みの詳細はこちら↓
◆あなたのモバイル公式:https://anatano-mobile.com/