logo

ブログサムネイル

目次

  • 1.  はじめに
    • •  生活保護を受給中でもスマホの契約が可能かについて解説。
    • •  スマホは生活保護受給者にとって重要な連絡手段や社会復帰のサポートとなる。
    • •  生活保護とは?どんな制度?メリット・デメリットについて
  • 2.  生活保護受給者がスマホ契約するメリットとデメリット
    • •  メリット:ケースワーカーや関係機関との連絡手段、賃貸契約や求職活動における重要性。
    • •  デメリット:月々の費用が追加される可能性。
    • •  メリットを最大限活かす方法でデメリットを軽減可能。
  • 3.  ケースワーカーとの連絡手段としてのスマホ活用方法
    • •  電話、メール、SNSなどを活用してケースワーカーとの効果的な連絡方法。
    • •  通話アプリやメッセージアプリの活用。
  • 4.  賃貸契約や求職活動におけるスマホの活用法
    • •  物件検索アプリや求人情報アプリを使用して情報収集。
    • •  ネット上での申し込みや応募をスマホで簡単に行う方法。
  • 5.  生活保護受給者が社会復帰するのにスマホが必要な理由や活用事例
    • •  求職活動、資格取得、スキルアップにスマホが果たす役割。
    • •  SNSを通じた情報交換やコミュニケーションの重要性。
  • 6.  まとめ
    • •  生活保護受給者でもスマホ契約は可能であり、様々な場面で活用できるメリットがあることを強調。
    • •  ケースワーカーや関係機関との連絡手段、賃貸契約、求職活動などでスマホの利用が生活改善に寄与することをまとめ。

はじめに

生活保護を受給している方々も、現代社会ではスマートフォンが生活に欠かせない存在となっています。
生活保護を受給している方でも、スマホの契約が可能です。
この記事では、その詳細と契約方法について紹介します。

スマホは生活保護受給者の方々にとっても、重要な連絡手段であり、社会復帰の一翼を担うため、生活保護は、最低限度の生活を保証する制度であることから、生活保護受給者がスマホを所有すること認められています。

生活保護受給者がスマホを所有することが認められている理由とは?

生活保護の制度では、国民の所有率が7割を超えるものは生活必需品であると認められるため、生活保護受給者も所有が認められています。
スマホにおいては、現代社会において、通信は電気・ガス・水道の3つと並び、人間が生きていく上で必要不可欠なライフラインといえるでしょう。
携帯電話番号は就職活動や賃貸契約をするにあたって必要であり、社会生活を営む上で欠かせない生活基盤の1つです。
携帯電話は国民の所有率が9割程度にも及ぶ立派な生活必需品です。
生活保護受給者がスマホを所有することは問題ありません。

注意しなければならない部分は、 生活保護費からスマホ料金を支払わなければならないことです。 別途スマホ代が支給されることはありませんので、出費は所持していないときよりも増えてしまいます。

生活保護制度とは?どんな制度?

生活保護とは、国民の生存権を保障している日本国憲法第25条に基づいて健康で文化的な最低限度の生活を保障するために、経済的に困窮する人に対して国が給付を行う制度です。 その人がふたたび自立できるよう支援することを目的とした制度であるため、生活に困窮する人は誰でも申請することができます。
生活保護の最大のメリットは、何と言っても毎月決まった日に決まった金額が支給されることです。
保護費として支給される金額は住んでいる地域や年齢によって異なります。とはいえ単身世帯なら10~13万円程度の支給が一般的。働いている場合は計算で算出された最低生活費から収入を差し引いた金額が支給されます。

受けられる生活保護は全部で8種類。「生活扶助」「住宅扶助」「教育扶助」「医療扶助」のほかに、出産や介護をサポートする「出産扶助」や「介護扶助」、就職支援の授業料支援の「正業扶助」、「葬祭扶助」があります。

生活保護のデメリットや制約とは?

主なデメリットは下記になります。

  • •  資産や所有物に制限がかかる
  • •  贅沢ができなくなる
  • •  住む場所が制限される
  • •  ローンが組めず借り入れもできない
  • •  クレジットカードが作れなくなる
  • •  家族や親戚に連絡される
  • •  ケースワーカーに生活状況をチェックされる

生活保護を受給する条件に「資産がないこと」と定められています。
以下の資産を所有している場合は売却をし、生活費に充てなければなりません。

  • •  不動産
  • •  生命保険や学資保険
  • •  貴金属
  • •  債券等の有価証券
  • •  自動車・バイク
  • •  預貯金

生活保護でもスマホや携帯を契約することは可能!【そのメリットとデメリット】

生活保護を受給している方でも、スマホの契約が可能です。
生活保護を受給している人がスマホや携帯を契約することには、さまざまなメリットがあります。

ケースワーカーとの連絡手段としてのスマホ活用方法

生活保護を受給している人にとって、ケースワーカーとの連絡は非常に重要です。
スマホを活用することで、電話やメール、SNSなど様々な方法でケースワーカーとの連絡をとることができます。
例えば、通話アプリやメッセージアプリを利用して、いつでも簡単に連絡を取ることができます。

賃貸契約や求職活動におけるスマホの活用法

住居を借りる際や求職活動をする際にも、スマホは必要不可欠です。
物件検索アプリや就職情報アプリを利用することで、効率的に情報を収集することができます。また、ネット上での申し込みや応募もスマホで簡単に行うことができます。
スマホの使い方次第で、これらの活動においても効果的に活用することができます。

生活保護受給者が社会復帰するのにスマホが必要な理由や活用事例

生活保護受給者が社会復帰するためには、スマホが非常に重要なツールとなります。
求職活動においては、スマホを使って様々な求人情報を収集し、面接の日程調整や連絡を取ることができます。また、資格取得やスキルアップのためにインターネットを活用することもできます。さらに、SNSなどを通じて情報交換やコミュニケーションを図ることで、新たな出会いやサポートを得る機会も広がります。

過去に携帯の未払い・未納経験がある方・クレジットカードが契約できない方でも携帯電話の契約ができる方法

生活保護受給者でもスマホの契約は可能です。
しかしながらクレジットカードがないと契約が出来なかったり、携帯代の未納により携帯審査に落ちて契約出来なかったり(携帯ブラック)と、ライフラインであるはずの通信を安心して利用できていないというのが現状です。
国内で普及しているスマートフォンのうち、大手通信キャリア3社以外のMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMを利用している方々の比率は全体の約15%と圧倒的に少なく、安価な料金で通信を利用できるという選択肢が人々の意識の中にはまだまだ広がっていません。
そこで、「あなたのモバイル」では審査がなく、クレジットカード決済なしでご契約可能にすることで、第4のライフラインである通信を国民が安心して利用できる社会へ変えていきたいと考えております。

審査なし、クレカなしで契約できるスマホ・格安SIM「あなたのモバイル」

最安プランのデータ容量業界水準の3倍!かけ放題付き3GBプラン3,300円(税込)

あなたのモバイルは、身分証明書と銀行口座があれば審査なしでどなたでもご契約できる格安SIMサービスです。

  • ・利用期間の縛りがなく、解約金0円
  • ・初月の月額料金0円
  • ・口座振替登録料・手数料0円

かけ放題付き120GBプランも3ヶ月間5,500円/月「あなたのモバイル」ご契約キャンペーン実施中ですので、是非ご利用ください。

さらに、24GB・120GBのプランの事務手数料が無料になるキャンペーンも開催中です!
本来初期費用決済時に必要な事務手数料3,733円が0円にておトクにご契約頂けますのでこの機会にぜひご利用ください。

審査なしSIMについて

  • ・審査なしってどういうこと?
  • ・犯罪に使われたり、架空請求されたりしない?

とのご質問も頂きますが、免許証などでの本人確認や口座の登録は必要ですし、
前払い制度で不正利用のリスクなどは回避しています。
各社、クレジットカードが無くても契約でき、大手キャリアのMVNOですので通信品質が悪いわけではありませんが、
あなたのモバイルの特徴として

  • ・各社最安プランは1GBで3,000~5,000円台のところ、3,300円で3GB使える。他社の3倍量
  • ・24GB/120GBプランが他社より圧倒的に安い。(1台持ちでなければ、どちらかのプランがおすすめ)
  • ・120GBの大容量が選べて、速度制限の心配が少ない(しかも最初の3ヶ月間は5,500円)
  • ・デザリングも無料で使える
  • ・契約期間の縛りがなく、違約金もない

などがあります。
特に、解約事務手数料が明示されていなかったり、一度契約すると、

  • ・最低利用期間内に解約が出来ない!
  • ・解約手数料が多くかかる!

といったキャリアもあるのでご注意ください。

↓あなたのモバイルの料金やお申し込みの詳細はこちら↓
◆あなたのモバイル公式:https://anatano-mobile.com/